マラテにいる日本人にもよく見る、アレを改善するだけで見た目の印象が17%も良くなるもの -前編-

今回のお話は、マラテに滞在している日本人の方々は比較的、年齢の高い方が多い為か、マラテにいる日本人にもよく見かける薄毛の話。

基本的に薄毛の悩みと言えば見た目と言った所になると思うが、薄毛の悩みを他人とシェアするのが恥ずかしいという心理から、AGAの病院に行くわけでもないし、対策するわけでもないという方が結構いる。

だが、科学が進み薄毛への対策ができる様なってきている今、実はこれはめちゃくちゃもったいない。

よく、リアップやスカルプDなどの市販品を使っている人がいるが、そんな物を使うよりも唯一とも言える、科学的に根拠のある、薄毛対策は最後にお話しようと思う。

その話の前に、では薄毛になるとどんな事が起きるの?という話を先に。

 

 

薄毛になるとどんな事が起きるか?

心理的なダメージがかなり大きく、見た目だけのイメージではなく、仕事の面でもメンタル的にも、人生の質の面から見ても対策(治療)できるならば対策した方が良いと言われている。

薄毛になると起きる心理的なダメージ

薄毛になると、見た目の問題(かっこいいやかっこ悪いなど)の話は置いておいて、メンタルにダメージがくる。

その為、メンタルの面を気遣うのであれば尚更、薄毛は対策した方がいいのではないの?という話だ。

例えば、ロンドン大学が行った182人の薄毛男性を集め、心理的にどの様な影響が出るのか?を調べた実験によれば、

  • 自尊心が低下する
  • うつ状態になりやすくなる
  • 外向性が低下する(内向的になり引きこもってしまう)
  • 神経症的傾向の増加(感情が不安定になるなど)
  • セルフイメージの低下(これは当たり前ではあるが自分に対して自信がなくなってくる)

など人生の質に関わってくる様な数値と相関性がある事が解った。

さらにロンドン大学が別の204人に行った実験では薄毛の男性はEPQ(ビッグ5の様な性格特性を表す数値)の点数が悪く、メンタル面にダメージがあるという事が同じく解っている。

また、カリフォルニア大学が294人の薄毛の男性を調べた調査では、なんと調査に参加した74%が薄毛になってから、精神疾患にかかっていた

主な精神疾患の内容は

  • うつ病
  • 社交に対する不安
  • 不安障害

など。。。

そう、薄毛になる事によりメンタルが病む可能性が高まる結果だったのだ。

つまり薄毛は見た目の問題もさることながら、メンタルの問題の方が大きい。

 

 

薄毛による人生の質の低下

ウェールズ大学が薄毛の男性1,000人に行った調査によると、薄毛の人が明らかに薄毛と呼ぼれる状態になると、その後138ヵ月間に渡り人生の質というものが低下していく指標が見られた。

要するに約11年に渡りどんどん人生の質が低下して行った。

毛が抜けて来たなと言う頃に対策しておけば、なんて事も無かった事が、長い間、治療するのが恥ずかしいからと言い我慢したりすればする程、どんどん人生の質が低下して行くのだ。

この悪影響はかなりのレベルで、他の重篤な病気にかかった人たちと同じ位の悪影響のレベルになる。

フィリピンに来られる日本人の方なら、少なくてもフィリピーナにはモテたいと思っていると思うので、こんな事は思ってないかも知れないが、もし「もう年齢もいい歳だし、別にモテようとも思わないのでいいや」などと考えている人がいるのであれば、10年以上に渡り、メンタルへの影響が続くので、いやいや、モテるとかではなく普通に幸福度が落ちるのでヤバいですよという話なのだ。

また、他にも薄毛の男性ほど身体イメージへの満足度が低くなる事も明らかになっている。

身体イメージの満足度の低下とは、「薄毛になって来てコンプレックスを感じているし、身体のイメージが低下するのは当たり前の事だろ」と思われる方もいると思うが、これは薄毛でない所も含んでいる。

つまり肉体的に鍛えていていわゆる「いい体」と呼ばれる様な肉体であったとしても、薄毛の人が髪の毛がある人と同じ肉体だった場合に、自分の肉体に関する満足度が低下してしまうのだ。

要するにあらゆる点で、自尊心が低下して人生の質が下がり、メンタル的には結構重要な部分となってくるので、これはきちんと対策した方がいいのではという事が言えてくる。

 

 

ある病気のリスクも高まる

更には薄毛になる事によって心疾患のリスクが高まる事が解っている。

これは2013年に東大が行ったメタ分析で明らかになっていて、薄毛の男性は髪の毛がフサフサの男性と比べて、なんと32%も心疾患を発症するリスクが高かった。

これは恐らく、男性ホルモンの一種であるテストステロンの増加により、心疾患のリスクが上がっているのではないか?というように言われている。

この様に薄毛は結構、色々な病気や弊害と繋がっていて、見た目だけの問題では無いと言う事。

 

だが、逆に言えば、現在薄毛で悩んでいる人と言うのは薄毛が改善すれば、メンタルがめちゃくちゃ改善する可能性が有るとも言える。

例えば、今自分に自信が無く、社交的にもあまり得意では無く、メンタルが弱いと言う人が、悩んでいるメンタルの問題が、もしかすると薄毛を直す事によりごっそり解決する可能性が有るのだ。

なので薄毛と言ってもごっそり無くなってしまっている状態ではなく、なんか気になるな。。。のこの”なんか気になるな”の状態の時に後で紹介する科学的根拠の有る対策をするのがおすすめ。

なぜかと言えば、結局は髪が無い事の問題ではなく、「髪が薄くなって来てるな」と言うその感覚が不安感を募らせ、人生の質を下げたり、メンタルを落として来るからだ。

ただ、そもそもこれまでの薄毛の治療や対策は、自尊心の低下を初めとする深い悩みで有るが故に、こう言う人たちにつけ込んで、法外な値段の事が多い。

そして別に効かない高級かつ余計な成分をガンガン付けて、育毛剤やシャンプーなどのヘアケア商品を売りつけ、しかも生えてこない。。。中には100万円を超えるような製品も多々見かける。

そしてそこからお金を取りたいが故に、これまでは生えてきてるような、生えてこないような感じにしてお金だけどんどんむしり取られる事が多かった業界が薄毛に関わる業界だ。

だが、現在では、ちゃんとした所はそんなに法外な値段ではなく、高くない。

なぜなら、そんなに大変な治療でもなく、そんなにお金がかかるものでもないから。

 

 

よく薄毛になった人は自分に自信が無くなったり、周りから変な目で見られているのではないか?と考えてしまっている人が多いのだが、それが、フィリピンでは何となくフィリピーナ達の反応含め、「俺もまだまだイケるな!」と感じてフィリピンに嵌ってしまっている方も多いと思う。

確かに、特にKTVで働くフィリピーナなどは、それらのゲストを日常的に見ている訳で、最初のコンタクトでゲストとして見た際に、薄毛だからどうこう言う事はない。

その違いが出てくるのは、例えばこのフィリピーナと付き合いたいなと思ったり、ぶつかり稽古をしたいなと思い、アタック仕出した時だろうと思う。

という事で、明日の後半では、“本当に薄毛になった時に、周りからの評価って変わるの?”と言う事を調べた研究が有り、その結果として見た目の印象が17%も良くなったと言う研究結果の詳細も踏まえながら、現時点で唯一科学的に根拠が有るだろうと言われている、薄毛の治療もご紹介して行こうかと思います。

マラテにいる日本人にもよく見る、アレを改善するだけで見た目の印象が17%も良くなるもの -後編-

2019年5月15日

 

本日も貴重なお時間をCRAZYLIFEに使っていただき、ありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

年齢も30代を折り返し、若干切ない年齢に突入。 普段は敢えてあまり触れないが、現地で出会ったフィリピーナとの結婚を経て、ちょっとやってもーた状態に。 だが、まだまだフィリピン初心者Crazyboyです。 フィリピン初心者のCrazyboyが見た、経験した、感じたフィリピンを初心者だからこその視点で、主に同じ初心者の方のお役に立てる様な記事を目指し、お届けします。