3度目の渡航で初めて出来たフィリピンの彼女 其の3

前回のからの続きでCrazyboyが

始めて付き合ったフィリピン人彼女の話。。。

3度目の渡航で初めて出来たフィリピンの彼女 其の1

2016年9月25日

3度目の渡航で初めて出来たフィリピンの彼女 其の2

2016年10月1日

 

次の日、起きて彼女と一緒にショッピングに

マカティにあるグロリエッタに向かった。

今でこそ、フィリピン人彼女を連れての

ショッピングの仕方に慣れては来たが、

始めてのだったこの時は“おぃ”と思ってしまうほどの

大人買いだった。

この時から薄々はやはりお金目当ての付き合いなのかなと

感じ始める自分はいたが、それを認めない自分もこの時はいた。

 

そんなこんなで買い物を終える頃には彼女の出勤時間に

なっていた。

もちろん流れ的に同伴でリトル東京で食事をしてお店へ

向かう。

そして、気が付けば3セット、店で過ごしていた。

またダンスプラクティスとの事で先にホテルへ帰り、

昨日の学習を活かし先に就寝。

案の上、彼女は朝方に帰って来た。

そして、次の日起きてから事をすませ、

また二人で熟睡。

次に起きたのが夕方前だった。

思えばこの時ぐらいがまだ、彼女の全てを知らず

一番ときめいて、夢見ていた時期だった。

次回のこのシリーズ最後ではここから一年ちょい

付き合った中で起こった色々な事をまとめて

記事にしたいと思います。

 

因みにフィリピン人彼女のプレゼントに関して

面白いなと今になって思う事はKTVの2大スポットである

マカティとマラテでは女の子の年齢層の違いからか、

選ぶブランドが極端に別れるって事だ。

 

マカティの場合は25歳以上の女の子も沢山KTVで

働いており、それ位以上の年齢の女の子と一緒に

ショッピングに行くとGuessを好きな子が多い。

対して、マラテでは女の子の年齢層が若い事も関係あるのか、

鉄板で喜ばれ、選ばれるのがTRIBALだ。

このTRIBALは日本ではそこまで有名でも人気でもないが、

フィリピンの若い子にはとてつもなく人気があるように感じる。

また、それに便乗して、マラテで遊ぶ日本人の先輩方も

TRIBALって書かれたTシャツ姿をよく見かける。。。

おそらく、それを着てると女の子受けがいいのかなと

 

逆に言えば、マカティではマラテほどTRIBALの威力が

通用しないと言うこと。。。

と勝手にCrazyboyは思っている。

 

つづく。。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

年齢も30代を折り返し、若干切ない年齢に突入。 普段は敢えてあまり触れないが、現地で出会ったフィリピーナとの結婚を経て、ちょっとやってもーた状態に。 だが、まだまだフィリピン初心者Crazyboyです。 フィリピン初心者のCrazyboyが見た、経験した、感じたフィリピンを初心者だからこその視点で、主に同じ初心者の方のお役に立てる様な記事を目指し、お届けします。