【ガチ】フィリピーナに欲しいと言われる事が多い物。。。スマホ。。。

タイトルどおり、今回はフィリピーナに献上、または献上依頼の多い、それなりに値がはる物の中で、お金の次ぐらいと行っても過言ではないかと思えるスマホについての話。

と言うCrazyboyも、ガチ談で恐らく10台以上はフィリピーナに献上している。

最初は、よく有るチョコレートやシーフードヌードルから、発展を遂げたCrazyboyの体験談は以下の感じ。

貢ぎ物発展系のパターン

出会い → 次回渡航時にチョコまたはシーフードヌードルまたは化粧品やコスメ類のお土産。

まずこのパターンを経て、ベーシックお土産パックが形成される。

また、少しそのフィリピーナに嵌ってしまうと、喜んで貰おうと自ら、ネックレス、指輪などのアクセサリー類なども頼まれてもいないのに用意してしまったりする。。。笑

食品類やコスメ類はコストが安いが、荷物がかさばる為、できる限り持って行きたくない。

その為、関係が少し慣れてくると、食品に関しては荷物がかさばるから持っていかないと断る事がほとんど。

そんなこんなを経て、2、3ヶ月も経てば、だいぶとなれ合いが生まれてきて、日本人を悩ます、お金の相談が出てきたりする。。。

また、それと同時に結構な確率で遭遇するのが、スマホが壊れた、無くした、もしくはダイレクトにスマホ買ってって話。

今回はその「スマホ買って」の部分にフォーカス。

スマホ献上の体験談

フィリピンではスマホを献上すると言っても、

・iPhone、Galaxy Sシリーズ等のハイレンジ。

・Galaxy J、Oppoなどのミドルレンジ。

・その少し下の価格設定のローレンジのGalaxyやOppo。

・日本では、全く知らない、Cherrymobileなどの激安機。

ピンキリで機種の選択肢があるが、イメージ的には

・サポーター付きのKTV嬢は、ほぼほぼ、iPhone等のハイレンジ。

・サポーター無しのKTV嬢で、GalaxyまたはOppoのミドルレンジからローレンジ、価格帯的に20,000Pから10,000P位の間の機種。

・素人や入りたてKTV嬢で激安機。

を使っているフィリピーナが多い様な、あくまで個人的な主観。

後、よく見るのは、日本人が買換えた後の前の機種をフィリピーナが貰って使っているパターンで、docomoやauのロゴが入っている機種を持つフィリピーナもよく見る。

Crazyboyが初めてスマホを献上したフィリピーナは、Crazyboyが初めて付き合ったフィリピーナだった。

最初は使っていたスマホが余りにちゃちすぎて可愛そうだなと思い、自ら献上した。

その後、このフィリピーナはお金が無くなると、スマホを売って現金化し、その度にCrazyboyがスマホを買い直すと言う、負のパターンに。

今となれば、超惚れた弱みを攻められた攻撃だった。

このフィリピーナ以外も、付き合ったフィリピーナは関しては誕生日なり、クリスマスなりに何が欲しいと聞くと、スマホリクエストが圧倒的に多く、1彼女1スマホを購入する流れになっている。。。

【ちょい番外】なんでもいいから安いスマホを買って渡すのは?

スマホ献上の話は、他の日本人からもよく聞く話で、献上を依頼されCherrymobileなどの激安スマホを渡したが、全然喜ばず、むしろ要らないと言われたって話も聞く。

特に、年配の日本人の方で、フィリピーナだから何でもいいだろうの感覚でいる日本人もよくいるが、折角プレゼントしても全然喜ばれず、むしろ陰でケチと言われる位なら激安機なんかプレゼントせず、断った方がお互いハッピーな事が多いと思う。

で、結局行き着いた献上の落ち着かせ方

フィリピーナとの付き合いの経験が余り無かった頃は、スマホが欲しいと言われると、それなりの値段の機種を用意していたCrazyboyだったが、色々な経験を経て、献上スマホで値段もそれなり、フィリピーナにもそれなりに喜んで貰えて、次に会った際に違うスマホに変わっていると言う事がなく、落ち着いたのが現状の新モデルならGalaxy A8Galaxy J8。去年モデルならGalaxy J7pro

値段的には買う時期にもよるが20,000P程からモデルチェンジ前の最安価格で16,000P程。

何故か、フィリピーノはiPhone以外の機種ならSAMSUNG好きが多い。

同価格帯で変える他のメーカーでも日本人的にはいいわけだが、Crazyboyの経験上は圧倒的にSAMSUNGチョイスが多い。

その最上位機種であるSシリーズを献上すれば、もちろん喜ばれはするだろうが、人数が増えてくると携帯プレゼントおじさんみたいで財布的にも辛い。

特別な存在のフィリピーノにはお金に糸目はつけず、好きなスマホを献上すればいいと個人的には思うが、そこまで発展していない段階での献上には流石に気持ち的に少し勿体ない。。。

で、色々なフィリピーノの希望を聞く中で落ち着いたのが上記に書いた機種で、ロビンソンのSAMSUNGで直ぐに買えるし、去年はJ7 proだけでも6、7台は献上したが、値段的にKTVを1件回ってテキーラを1本おろして、ちょい騒いだ程度の値段で済むので財布には優しい機種。

国内で先に買って言った方が結局安上がり

最近では前もってスマホ献上リクエストが確定して、献上する場合には上記の海外スマホが買えるサイトETORENで購入の上、フィリピンに持ち込んで献上している。

理由はロビンソンや他のモールなどで購入するより値段的に安い事が多いのと、グローバルモデルなので、フィリピン国内では販売されていないカラーが選べたりする。

例えばJ7 proではフィリピン内で購入すると黒、金、ブルーの選択肢しか無いが、グローバルモデルではピンクゴールドがあり、フィリピーノが珍しさ故にこの色を選び他の嬢に見せて喜んでいる事が多いので。

海外スマホを購入出来る方法は、ebayや他の海外スマホ販売サイトなどいくつか有り、ETORENよりも安い値段で購入はできる場合も有る。

ただ、購入して分かったのが、これらのサイトで購入したスマホには関税が払われておらず、到着してから運送業者から関税を請求され結局ETORENよりも高くなることが多い。

ETORENでは関税込みなので、後に追加で費用が発生する事が無いのと、全製品に1年の補償付き、日本語対応できるので本当にオススメの海外スマホ販売サイト。

と言う事で恐らく、フィリピーナと付き合うと1度は遭遇する、スマホ献上が発生した際は、現地でチャーターするもしくはこんな方法も有るよっ!って話。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

年齢も30代を折り返し、若干切ない年齢に突入。 普段は敢えてあまり触れないが、現地で出会ったフィリピーナとの結婚を経て、ちょっとやってもーた状態に。 だが、まだまだフィリピン初心者Crazyboyです。 フィリピン初心者のCrazyboyが見た、経験した、感じたフィリピンを初心者だからこその視点で、主に同じ初心者の方のお役に立てる様な記事を目指し、お届けします。