NEW SACHI ニュー幸-マカティ カラオケ KTV

Makati New Sachi

Crazyboyが一人でもフィリピンに出向く様になった頃、初めて一人で入ったKTVです。

 

今でこそマラテに彼女の彼女と付き合う様になり、完全に滞在がマラテにシフトしましたが、マラテに行く様になったのは今年からで、それまでの滞在は全てマカティでした。

 

これは以前の彼女がマカティのお店だった影響が大きいですが、その彼女と何度かマラテに食事に行った際に、マカティのグリーンベルトを始めとする一部の安全な所しかいった事が無く、土地勘の無かったCrazyboyにとって、マラテの街はとてもデンジャラスに写ってしまい、若干敬遠していたところがあったから。

 

それもあり、今の彼女と付き合った今年までは行動範囲はほぼマカティのみで、当然行った事があるKTVもマカティにあるKTVのみでした。

 

また、一人でフィリピンに行く様になった理由は、以前のマカティで働く彼女に会いにフィリピンに来ていたので、当初は彼女のお店以外は行く理由がありませんでした。
ただ、付き合う長さと共に、毎回同伴し、毎回延長を繰り返す事に飽きたのと、それがだんだん苦痛になって来た事、更に本音を言うならだんだん彼女が自分を本気で愛していないと感じ出した中で、このルーティンが苦痛になり、彼女にバレないタイミングを見計らい、他のお店にも行くようになりました。

 

その中で初めて行ったのがこのNEW SACHIでした。

 

最初はいつものごとく、彼女のお店に行ったのですが、この時はちょうど少し喧嘩をしてしまい、延長も断りホテルに帰ると行ってお店を後に。

 

その後、パサイロードを歩いていると表の呼び込みに釣られ、お店へ。

 

いつも行っているKTVに比べ、このNEW SACHIは明らかに広く、女の子も一杯。。。

 

入ってすぐにウェイティングエリアがあったのでママに促されショーアップして選ぶのはかなり照れた思い出がある。

 

女の子はCrazyboyが行ったマカティのKTVの中では、それなりに綺麗な子が多い様に思うが、いかんせんもう1年以上行っていないので現状はわかりません。。。

 

そんなこんなで指名した女の子もノリが良く、あっという間に1セットが終わり、彼女と連絡先を交換してホテルへ戻った。

 

今でこそ、最初は絶対に電話番号もLINEもFACEBOOKも絶対に教えないCrazyboyではあるが、当初は聞かれればかならず教えていて、行動すればする程、彼女といる時にドキドキする状況を自分から作っていた。。。

 

ホテルに戻り、しばらくすると指名した女の子からメッセージが来た。

 

2時に終わるから終わってから飯に行こうと言うので、彼女には体調が悪いからもう寝るとテキストし、その子と食事に行く事をチョイス。

 

ただ、友達も一緒に行っていいか?と聞いてくるのでもちろんYesで返答し、その子の友達も含めブルゴスの裏にあるサムギョプサルへ。

 

さすがに午前3時頃に差し掛かったサムギョプサルはヘビーで彼女達のみ食べてもらい、Crazyboyは焼き子に徹した。。。

 

そしてその日はそのままバイバイしたが、翌日から営業メール等が山の様に来るようになった。

 

最初は返信もしていたが、タイミング次第でかなりの爆弾なのと、だんだんと返信も煩わしくなり、返信を滞ると当然ながら、そのうち連絡が来ない様になりました。

 

CrazyboyのNew Sachiでの思い出はこんな感じはあるが、マカティのKTVの中では比較的かわいい子と出会える可能性があるお店ではないか思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

年齢も30代を折り返し、若干切ない年齢に突入。 普段は敢えてあまり触れないが、現地で出会ったフィリピーナとの結婚を経て、ちょっとやってもーた状態に。 だが、まだまだフィリピン初心者Crazyboyです。 フィリピン初心者のCrazyboyが見た、経験した、感じたフィリピンを初心者だからこその視点で、主に同じ初心者の方のお役に立てる様な記事を目指し、お届けします。