Kai 海-マラテ カラオケ KTV

kai

今回の滞在は、前回の滞在でカジノで知り合った日本人の方と日程を合わせて行ったので現地にて毎日合流のパターン。

Crazyboyのマラテ滞在は、マラテでの行動はん普段はマラテの中心から少し遠いレメディオスサークルまでの間で収まってしまうのだが、今回はその方と今回初めてお会いしたその方のお友達も含めC普段は行くことのない、Kaiへ。。。

今回はショートで1週間の滞在にも関わらず、3回も行ってしまった話。。。

 

Kaiって遠いし、可愛い子いなくね?って思いこんでた。。。

 

Crazyboyはマラテ初心者で、マラテ滞在時の行動範囲は上で書いた様に極端に狭いです。。。

普段は一人で渡比するので、特に付き合いとかも無く、さらにボコボを省いたアドリアティコとマビニの2本で収まってしまう、Crazyboyの行動範囲ですが、今回はそれらの事情もありマビニを含め、Kaiからkomekomeあたりまで行動の範囲が伸びた滞在でした。

今までKai周辺には、現地駐在の友人に案内に案内してもらい、LAとKaiに見る見るに一度行った事があるだけ。。。

しかも初めて見る見るした際のKaiの印象があんまり可愛い子がいるイメージなくすり込まれたので行くことの無いお店でした。

ただ、その方々と色々なお店を見る見るして回ろうとなり、最終的にKaiまで見る見るすることになり、一緒に行った方々はそうそうに女の子を選んでしまったので席に着くことに。

その時はあんまピンとせず適当に選んで席に着いたのだが、話して見ると性格がめちゃいい子で楽しい時間を過ごす事に。

ただその時にショータイムがあったので見てたら、Crazyboyのタイプの子を発見。

内心では「やってもーた感」と「指名替えしたいぜ感」が沸き上がって来ていたのだが、それを出来ない小心物のCrazyboyはそこはぐっと我慢。。。

この時点でKaiの印象のすり込みは取りあえず「また来てもいいな」にチェンジされたのだが、とりあえずはその子の事は一端忘れて、トークは楽しい指名嬢だったのでその指名嬢と色々な話で盛り上がり、Crazyboyがフィリピーナと結婚した事、今アナルメントを考えている事などを素直に話した。

 

 

私も今、日本人とアナルメント中

 

Crazyboyがアナルメントの事を話すと、嬢も「めちゃ、大変。私も今アナルメントしてる」と流暢な日本語で嬢が語りだし、その嬢は現在進行形で日本人とのアナルメントを進めている、アナルメントの先輩だった。。。

しかも、アナルメント費用の話もCrazyboyがエージェントに相談した際に聞いた額に近い額を自分で払って進めていると言う強者。。。

費用に関してはどこまでが本途で自分で出しているのかはさておき、このピーナの先輩アナルメンターに色々教えてもらいCrazyboyは「ほぅ、ほぅ」言いながら聞き入ってしまいました。

そんな話をしていると時間は早く、その日は1セットでみんなで次のお店に行くことに。

 

めちゃタイプで指名していい?

 

数日後、みんなで今日はどこの店行く?的なやりとりをしている際にCrazyboy的に全くそそられなかったお店に行く流れになりそうになったので、それだったらKaiに行こうかなと考えたCrazyboyはその店に行っている間、Kaiに気に行った子がいたから一人で行ってきていい?と一応みんなの了承を得て一人Kaiに行くことに。

結局、先日Kaiに一緒に行った一人もその際に指名した子に会いに行くとの事で一緒に行くことに。

お店に行く途中、指名替えしたいけどどうしたらいい的なアフォな質問をその方にしつつ、Kaiに到着し扉を開けると自動的にウェイティングの嬢達がこの前の指名子を検索開始したので、勢いに負け前回の指名子と新たにCrazyboyが気にいった嬢を初ダラワン指名に挑戦。

前回の指名子に今回指名した子をめちゃタイプやから指名させてもらったと一応ことわりを入れて、その指名子のサポートも有り、その後店が終わってからアフターへ。

 

 

めちゃ給料もらってんじゃん。。。

 

アフターに行った際に驚いたのが最初に指名した指名子の給与。。。

なんとなくフィリピンの先輩方からは『今のマラテではそんなに稼げない、ペンギングループの一部だけが特別。』

って、すり込まれていたのでみんな月2万ペソ程度なのかなと想像していたのだが、たまたま給料日だった為、その嬢が給与明細を見せてくれた。

日本で言う支給額の欄には63,000pesos、ペナルティ等が引かれて総支給額59,000pesosって書いてある。。。

2週間なので月にしたら10万ペソはオーバって事?的な質問をすると返事は『Yes』。。。

まっそれだけ有れば、確かに自費でアナルメント進められるかと変な所に結びつきつつ、普通の店の嬢でも、給与取ってる奴はめちゃ貰ってんじゃん。。。。と正直思った。

もちろん全ての嬢がって訳ではないが、稼げる嬢は給与だけでそれだけ稼げて、そこに色んなゲストとのご奉仕報奨金がプラスされる訳だから、下手な日本人彼氏のサポートよりいいわなと変に納得させられた金額だった。

因みに前回書いた真理子の指名子の明細を見せてもらった際は15日間で92,000ペソ程で1日のベースサラリーは3,500ペソだった。。。さすがペンギン。。。

真理子-MARIKO- マカティ

真理子-MARIKO-マカティ カラオケKTV

2018年1月19日

 

最終日、夜便まで誰と過ごそう??

 

最終日、今回は帰りJetだったので深夜フライト。

夜の10時過ぎにチェックアウトすればよいスケジュールだったので、誰と過ごそうかと考えていたCrazyboy。

なんと無く浮かんだのが先日のKaiの嬢だったので既に夕方の4時すぎではあったが、フライト迄時間があるから一緒に晩飯、同伴しようとテキスト。

18時40分に会うことを約束しつつ、今回一緒に過ごさせていただいた方々にも「最後、Kaiの○○と同伴して空港向かいます!」と報告。

たまたま、みんな別の嬢との同伴を持っており、晩飯だけみんなで一緒に食べようと言う流れになり、ホテルのロビー集合からの合同晩飯、各自同伴のプログラムを経て今回の滞在は終了しました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

年齢も30代を折り返し、若干切ない年齢に突入。 普段は敢えてあまり触れないが、現地で出会ったフィリピーナとの結婚を経て、ちょっとやってもーた状態に。 だが、まだまだフィリピン初心者Crazyboyです。 フィリピン初心者のCrazyboyが見た、経験した、感じたフィリピンを初心者だからこその視点で、主に同じ初心者の方のお役に立てる様な記事を目指し、お届けします。