【悲報】お気に入りの某KTV嬢に200K貸した結果。。。

今回はタイトル通り、Crazyboyがかなりお気にのKTV嬢に200Kペソ貸した結果。。。

普通に音信不通になったと言う話。笑

フィリピーナと関わると高確率で出現するのが、お金に関わる話。

もちろん、フィリピーノとの関係においてお金の話が出ないに越した事は無いが、望みもしないのに湧いて来るのも事実。。。

これに対し、凜とした態度で断れないCrazyboyに一番の原因があると心で分かっている。

でも、ついつい恋愛感情、下心… 時には同情や、断る事で関係が壊れそうな気がする事への恐れなど、様々な要素が働き、結局サポートなり、返って来ない前提の貸すという行為に繋がるのだと思う。

ただ、これはみんなそれぞれの考え、フィリピーノとの関係性が有る中で、どうのこうの言う事ではないので、この記事の中でもこの嬢がどうのこうの言う記事の内容ではない。

関係性の中で助けたくなる気持ち

この嬢とは、特に恋人等の関係もなく、あわよくば的な考えはあったものの、1年位になる付き合いの中で全くエロの要素はない、本途に友達みたいな関係だった。

元々ゲストも結構付いていて、毎回、嬢のサラリー明細を見せてくれていたのだが、嬢が上げるサラリーに届いていない日本人もいるだろうなという位、毎月サラリーを取っており、その中から、日本で言う金貸しみたいな事をしていたり、仮想通貨に昨年の時点で既に投資していたりと、商売と稼ぐ事好きの面白い嬢だった。

その中で、半年位前からKTVを辞めて、自分でビジネス始める事を考えて望んでおり、最初はフランチャイズの屋台みたいなビジネスを考えていたみたいだが、色々と嬢なりに考え、Crazyboy的にはそのコンテンツと収支設定では中々厳しいんじゃね?と思う中で、最終的にそのサラリーを捨て、チャレンジしたビジネスが有った。

その時から色々と相談が来ていたのだが、そもそもビジネスとしてフィリピンで勝負する気がないCrazyboyにとっては、そのマーケットの事も知らず、分からず、気安く何か伝える事ができる訳ではない。

この時の感覚的には、友人が自分のビジネスにチャレンジする。何を手伝う訳でも、手助けする訳でもないが、本当に成功してくれるといいな。。。純粋に思う事はそれだけだった。

とは言っても、嬢が自分で用意した、なけなしの500Kが最初のスタート資金。

お金で詰まる時は有りそうだなと思っていたのと、その時は相談が来るだろうなと思っていたので、そうなった時は、あげるつもりで、あげるとは言わないが出来る事はしてあげようと思っていた。

それは、この嬢と仕事以外の時間でも、お互いに時間をとり、色々と計画やディスカッションを重ねる中で、日本人だからとか、フィリピーノだからとかを超越し、様々な不安の中でチャレンジする嬢に対し、何かあったら助けたいなと思う気持ちが自然に芽生えていたから。

恐らく、最初からお金だけが目当てだろうと感じさせる嬢や、単にエロに結びつけたいと思わせるだけの嬢なら、この気持ちは芽生えなかったと思う。

そして無心はやってくる

思いのほか、早く回転資金が苦しいとの話が出た。何を望むか聞いた所、200K貸してくれとの事。

嬢なりにもプライドがあったのだと思うが、「くれ」ではなく、「貸して」であった。

フィリピーノによく有る、生活費やアパート代が無いって話では、無いのでそれなりに額が大きくなることは想定していた。

ただ、その範囲内だったので貸してと言うからにはどの様に返す?と確認だけ取り、とりあえず直ぐに貸して欲しいと言って来た50Kをその日にユニオンで、嬢は口座を持っていた為、残りの150Kを銀行送金で行った。

8月から毎月50,000ペソずつ、毎月返すとのこと。

話は少し反れるが、Crazyboyは送金する嬢がもし口座を持っている場合には、Transfer Wiseと言う送金サービスを最近は使っている。

PCはもちろん、スマホアプリからも自分の口座からTrancefer Wiseの口座に振込だけで簡単に送金できるし、手数料も安く、着金までの日数もユニオン等の様に、即日とはいかないものの、翌日にたいがい着金しているので、今なら一押しのオススメ送金法。

返済の約束の日が近づいたある日

嬢が自ら決めた返済が近づいたある日、嬢のラインが退出に。。。笑

今までアカウントを変える事はちょくちょくあったが、その度にCrazyboyのアカウントにコンタクトが来て連絡が取れなくなることは無かった。

嬢の携帯番号やiMessageでSIMさえ変わっていなかればコンタクトを取る手段は有るのかもしれない。

でも、あげてもいいと思っていたお金だったので、逃げた云々や欺された云々は、どうでもいい。

ただ、やはり友達として応援したいと思った気持ちと、関係性が気づけてると思っていた気持ち、また、逃げる程の額でもないお金で、人がいなくなることに、そして、そこまでの縁だったと受け入れる事に、正直とても寂しさを感じる。

お金が絡んだ時の難しさで、あげて、もしくは、欺されていいと覚悟して渡したお金でも、こちらの意図に反して、違う形で壊れていく事も有ることを改めて学んだ出来事だった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

年齢も30代を折り返し、若干切ない年齢に突入。 普段は敢えてあまり触れないが、現地で出会ったフィリピーナとの結婚を経て、ちょっとやってもーた状態に。 だが、まだまだフィリピン初心者Crazyboyです。 フィリピン初心者のCrazyboyが見た、経験した、感じたフィリピンを初心者だからこその視点で、主に同じ初心者の方のお役に立てる様な記事を目指し、お届けします。